葬儀について考えるとき、これまで重視されてきたのは、その意義でした。
すなわち、なぜ葬儀をするのか。そして、その答えは実に明白で、故人の魂が安らぐためにとか、遺族の悲しみを癒やすためだとか。
そういった、ごく当然の答えがあるために、これまで葬儀は当然のように行われてきました。
そして、当然の答えに応じられるよう、その形式というものも半ば自動的に決まっており、そこに疑義を挟むことは歓迎されていない、率直に言えば「許されない」ことでした。

特に、葬儀にかかる費用面に関しては、頑固な仕来りがあったことは否めません。

これまでの葬儀では、一度にいくらの費用がかかるのが通例であったのかご存知でしょうか。
一度につき、100万円から200万円程度。平均的な様式で、これだけの費用が当然としてかかっていたのです。
それだけの費用を支払う意味があるし、これくらいは支払って当然であるとさえ思われていました。
しかし、100万円から200万円という負担は決して軽いものではなく、葬儀の是非はともかくとして費用の内訳については疑義があったという人も多いのではないでしょうか。
なぜそこまで高額の費用がかかるのかと言えば、参列者への飲食接待や寺院への戒名代、寄付金が大部分を占めるためです。
それは葬儀の実際面に直接的に関わる部分であるというよりは、装飾的な、望む人がいれば付け足されるべき部分であると考えることができます。

ここでは、これまで重点的に考えてはこられなかった、費用面から見た葬儀について取り上げていきたいと思います。

情報サイトへ